月末のフル稼働

販売員にとって、月末とはその月の予算が達成できるかどうか、精神的にもプレッシャーがかかる時期です。
更に、9月末は上期の予算達成も重くのしかかり、私は不安と気合いとがぐちゃぐちゃに混ざったなんとも言えない気持ちで家を出ました。

しかし、そんな気持ちを嘲笑うかのように、まさかの電車が遅延!
売り場に電話を入れ、最近電車の遅延で対応していた駅員さんが飛び降りたニュースを思い出し、仕事って大変だなぁと漠然と思いながら、乗り継ぎ出勤しました。

出勤してみると、すでに2名のお客様がご来店してくださっていたようで安心しました。しかし、午前中1人もお客様がいらっしゃらないこともある売り場なので、私の個人の予算達成を考えると、これは私が遅刻してしまったから?などとネガティヴな気持ちになりました。
先日テレビでみましたが、この感情を「自己関連付け」と言うそうで、そんな風に感情に名前がつくと「違う、違う!関係ないんだ!」とすぐに気持ちを切り替えることが出来ます。考え方ひとつで仕事もやり易くなります。

夕方までに業務を終わらせ、朝からお客様もいらっしゃっていたこともあり、無事売り場の日割りの予算を達成、個人の日割りの予算も達成し、さて帰ろうかというところで、
明後日の納品の為のスペースがないことに気づきました。

明日から私は連休…
明日のスタッフには任せられない…

月曜日からサービス残業です。
各パッキンの内容物も、これはもうパッキンから出してしまったほうがスペース取らないのでは?というくらいスペースが余った入れ方で、忙しかったし仕方ないか、と深夜0時近くまで作業して帰りました。

帰りにビールとおつまみを買い、自宅でテレビを見ながら、仕事って大変だけど、大変だと感じないやり方、考え方もあるはずと感じた一日でした。

コメントを残す