苦しいアトピーが治る点滴とやらがあるならさすが東京のお医者様

商品よりも何よりもなのですが私は27年前まで酷いアトピー性皮膚炎で毎年小さな頃から肘のうらが痒く汁が出てグチャグチャするほどでした。

今はアトピー性皮膚炎という病名がありますが、その当時カルテには慢性皮膚炎という記載だった気がします。

病院に行っても結局の所は油っぽい軟膏が出るだけでかゆみは治らず、切ない思いをしていました。

親が知り会いから聞いてきた民間療法で塩水が効くと聞いてきてしみるのに無理矢理海に入らせられたりしていましたが、ただしみるだけでした。

もうこれは仕方がない一生付き合う病気なんだと諦めていました。

ところが私が妊娠をし、切迫流産のおそれがあるという事で板橋区の板橋中央産院に入院し、ウテメリンの点滴をうつ時に私の肘裏側のアトピー性皮膚炎があまりに酷いので看護士さんが気を使い違う場所に注射をしてくれていたある日、このアトピー酷いから点滴の中に薬入れてもらう?と聞かれ私は二つ返事でオッケーでした。

こんなに苦しいアトピーが治る点滴とやらがあるならさすが東京のお医者様は違うと思い、一週間くらい切迫流産の薬と一緒に打ってもらうとみるみる間にしるまで出ていた腕の肘の内側の部分は治り、それから1度も出ていません。

うちの親に言わせるとたまたま出産もあって体調が変わったんだと言われますが私にとっては素晴らしい特効薬でした。

あれから27年が過ぎ様としていますが、時々カサカサやかゆみが出る感じでウナコーワクールを塗ると治っています。

私が試しているオリーブオイルパック

オリーブオイルパックを実践しています。

使用しているのは市販されている食用のオリーブオイルです。

オリーブオイルには美肌・保湿効果があり、さらに黒ずみの除去、アンチエイジング効果があると聞いて以来実践しています。

特に毛穴の汚れ、黒ずみが気になる箇所、鼻、肘、膝の関節部分にパックをしています。

パック方法は入浴前に気になる箇所に鼻などに食用のオリーブオイルを塗り、サランラップで密閉状態にして20分程度待機してから入浴、通常通り洗顔して入浴後は通常通りの保湿ケアをしています。

鼻パックは週に2〜3回程度行います。

肘と膝の毛穴の黒ずみは入浴後の肌が潤っている状態のうちに毎日、少量のオリーブオイルを塗りこみます。

美肌効果、保湿効果もあるので、顔にも週に数回程度いつものスキンケア後にほんの少量マッサージするように塗ります。

鼻の黒ずみは以前はやった鼻パック(シール状のはがすもの)よりは肌にダメージがなく効果があると実感しています。

ただ、オリーブオイルも種類があり、パックに使うには上質なオリーブオイルを使用しないと効果が薄いとのことで、上質なオリーブオイルであるエクストラ・バージン・オイルを使用しています。

オリーブオイルもランク付けされているようで、安いものほど不純物がブレンドされているそうです。

エクストラ・バージン・オイルは簡単に説明すると一番搾りのオリーブオイルで当然、無添加でお値段が高い分、100%のオリーブの天然成分で、肌にも優しく、敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎の方も安心して使える刺激の少ない天然のオーガニックスキンケア用品だと思います。

オリーブオイルの鼻のパックと毎日ではありませんが、オリーブオイルを塗ることを始めてから、肌のトーンが上がりました。

化粧品ファンデーション購入の時に、従来使用していた物よりワントーン明るい色を進められたので、毛穴の汚れには効果があったと実感しています。

チラコイド入りのダイエットサプリについて
参考サイト